大和彩_ブログ

鬱 貧乏 筋トレ フィットネス ボディメイク ダイエット

生活保護で暮らしていると、悪い意味でのドキドキが止まらない

 

 

昨日のブログ記事ですが

「アップロードしないほうがいいかなー?どうしようかなー?やめとこうかな?」

と、散々迷いがありました。

 

……なぜかって?

 

怖いからです。

生活保護について書いたら、ブログにクソコメントつくんじゃないかな……?」

って、ビクビクしちゃって、サ。

 

今だって、いろいろ諸々、怖いことだらけです。

生活保護で暮らしていると、悪い意味でのドキドキが止まらないんですね。

 

たとえば昨日の件ですが。

「私って、実はそのつもりじゃなくても不正受給になっちゃってたのかも!?」

と恐怖におののきながらケースワーカーさんにそこんところ伺ったところ

「別に不正受給じゃないよ」と言われました。

 

けどね、ケースワーカーさんにそう言われたからって、

おいらのドキドキは止まらないんスよ!

 

ケースワーカーさんって、周期的に担当が代わるらしいんです。
だから、今の担当ケースワーカーに「不正受給じゃない」って言われても、
次の担当になったら「おいお前!それは不正受給だ」って言われない
保証って、ないじゃないですか?

それに、それにだよ。
私が住んでる地域のローカルルールではOKってなってることであっても、
国レベルとか(つまり国会議員的な人が注目したような場合)ではNG!
とかなっちゃわない保証も、ないじゃないですか?

それとも、どっかに保証とか、あるんスかね……?
ど、どこに行けば、それはあるんスか……?

ないって!保証なんか、どこにもないよ!!

だから、不正受給とかにならないようにならないように

自分で、きっ……気を付け、気を付けなぐぢゃあああ……ああああ!!

 

ってね。もう強迫神経症レベルで、怖いわけです。

 

宣伝

拙著、『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで (WAVE出版/大和彩)』発売中です。どうぞ買ってください(身も蓋もないお願い)。

 (↓のリンクから買っていただくと10%の収益が大和に行きます)