大和彩_ブログ

鬱 貧乏 筋トレ フィットネス ボディメイク ダイエット

盗み食いしている瞬間が一番輝いている猫さん

猫シェルターでトイレ掃除の作業をしていたときの話。

そのシェルターには猫さんが75匹ほど宿泊しています。75個のトイレを掃除し終わり、床の掃き掃除と拭き掃除が終わると、猫さんたちがケージから出て自由に部屋で遊べる時間です。

 

自由時間になるや、まちかねていたようにケージから飛び出すと、一目散にトラ猫のいるケージに駆け寄っていく白黒の猫さんがいました。彼女はケージに近づくと、後ろ足でおもむろに立ち上がりました。そしてトラ猫さんの残した猫カリカリをケージの隙間から差し入れたおててで上手につかみ、次々と口に詰め込み始めました。

 

白黒猫さんは、ひょいひょいとカリカリをおててにつかんでは、どんぐりをほっぺたに詰め込むリスのように顔全体でほおばっています。白黒猫さんがうれしそうにカリカリを噛み砕く音が部屋にひびきました。

カリカカリカリ……」

もう、他の何も目に入らない!という勢いでカリカリを口に詰め込む白黒さんの表情は、喜びに満ち溢れていました。

 

いわゆる「盗み食い」の現場です。けれど盗まれる側のトラ猫さんは

「オレもうおなかいっぱいだから、それ食べたいなら食べれば」

とでもいう風にケージの中で知らん顔をしています。

 

ひょいと見ると、白黒猫さんのケージには、彼女が盗み食っているのと全くおんなじカリカリが、まだお皿に沢山残っているのでした。けれど彼女の盗み食いの勢いには、いろんなことを納得させる力強さがありました。

 

「うむ。隣の芝は青いとはまさにこのこと……きっと他の猫のケージ越しに食べるカリカリのおいしさにはかなわないのだろう」

 

イキイキと盗み食いをし、食を謳歌する白黒猫さん。彼女の盗み食っているカリカリは、この世のどんな食べ物よりも美味いに違いありません。

一心不乱に自分のものではないごはんを口に詰め込む白黒猫さんの姿は、ものすごく楽しそうで、輝いていました。

ここ数年で、この盗み食いをする白黒猫さんほどの輝きでもって何かに取り組んだことは、私にあっただろうか?と自分の人生を振り返っても、思い当りませんでした。

ここ数年で一番のきらきらした美しさを、盗み食いする白黒猫さんに見せてもらった思いでした。

 

なので白黒猫さんの盗み食いを咎めるつもりはまったくなかったのですが、残念ながら私は掃除婦として、彼女が陣取るスペースに別のケージを移動させる必要がありました。

「ケージ動かすからそこどいてくれる?」

日本語で白黒猫さんに尋ねると、

「にゃーーーーーーい(カリカカリカリ)」

と口をもぐもぐした白黒猫さんからとっても良いお返事が返ってきました。

けれど、彼女は1㎜もそこから動きはしません。話しかけた私の顔を礼儀正しくじっと見上げつつも、おててはその動きをとめず、相変わらずひょいとカリカリをつかんでは、お口へと運び続けています。

「『にゃい』ってお返事したのに……どいてくれないのね」

「にゃ(カリカリ)---(カリカリ)---い?」

目は私のほうに固定しつつ片手で「ひょいカリカリ」を続ける白黒猫さんの手先の器用さと技術に私は唸るしかありませんでした。

けれどケージを動かさねばならないばかりに、彼女をひょいと抱えあげ、「にゃーーーお」と抗議されながらも盗み食いを中断せねばならなかったことを、私は少し残念に思い出します。

 

※働いていたのはこちらではないものの、ブログアップ直後にたまたまそっくりなシーンが流れてきたので、ツイートとお写真を拝借しております。