大和彩_ブログ

鬱 貧乏 筋トレ フィットネス ボディメイク ダイエット

ケーとなく白猫・白ちゃん

こちらは、昔、馴染みだった外猫白ちゃんの話。

 

白ちゃんは、「ケー」となく猫さんだった。

会社帰り、真っ暗な夜道を歩きながら白ちゃんの縄張りエリアに差し掛かる。

「今夜は、白ちゃんいないな……」

思いながら歩いていると、工事現場のブルーシートの下からぴょこっ!と顔を出す三角耳のふさふさした物体が。白ちゃんだ。

白ちゃんはにゅるにゅるとブルーシートの下から抜け出して、私のほうに駆け寄ってくる。

 

夜道で会うと、白ちゃんはいつも走ってくる。

なぜかいつも慌てて、走ってくる。

いつも慌てて走ってくるせいで、横隔膜が揺れ、なき声の「ケー」が

「ケケケケケ!」に変換されながら、走ってくる。

 

「そんなに焦らんでもよろしいがな」

思いながら、白ちゃんが駆け寄ってきてくれるのを、私は待っている。