Without the Ones on the Bottom They Could Never Exist

このエントリこのエントリに書いたことが起こり、もう、あったまきたんで、ツイッターとブログから仕事用の名前(ペンネーム)を取っ払ってやりました。

 

ちなみに上記の取材は、全部出版社に依頼がくるもので、私は直接連絡を受け取りません。取材には最初から出版社と編集者が立ち会ってくださいます。そういう状況でも、前2エントリに書いたようなことが起こってしまう。

 

上記2件に限らず、取材の席で、段々と私がツイッターで発言していることやブログに書いていることが、「公のもの」として扱われている空気になってきていて、困っていました。

 

私はツイッターもブログも仕事としてやっていません。仕事としてやるなら、今呟いているようなことは一切呟かないし、ブログもこんな内容にはしません。ブログもツイッターも、あくまでも個人の趣味として、楽しみとしてやっています。

 

しかし仕事である取材の席で

「この前ツイッターでこういったことを呟いてましたね?だからこういう質問にも答えられますよね?」

といった誘導尋問的展開が増えてきました。

 

困っていました。

 

ツイッターは、仕事でご一緒する人に向けて書いているのではないのですよね……。私個人の本音としては、私のツイッターをフォローしてくれている純粋なネットユーザー以外の方や仕事で関わる方には、あまり読んでもらいたくないんですよ……。ブログも同じく。

 

かなりわがままな心情ではありますが。排他的なことこのうえないですが。心が狭いこと山のごとしですが。

 

私がネットの世界でやってることを、リアルの世界にあんまりキャリーオーバーされたくない、というのが本音なんです。ネットの世界でしかも自分の趣味の領域でなら書けることでも、リアルの世界で口頭で発言してそれがメディアに掲載されるのではまったく意味合いが変わってきます。

 

けれど、誰でも読めるネット上に展開しているものなので、
「読まないでください」とも言えない。

 

とはいえ、仕事でご一緒する方に、「エアダンナ」のことや、ときどき自分目線以外のブログを書いてることなど知られるのは、ものすごく恥ずかしいじゃないですか!

 

ネットの世界は今まで私の変人の部分を解放してやれる唯一の安全な場所だったんです。なのに、いまや私の中の変人が窒息しかけている……!

 

そして、逆に、仕事上の私がブログやツイッターで見せているような変人だと思われても、それはそれで、リアルの私はかなり困ります。仕事ですから。まともな人だと思ってもらわないと、困りますよね。

 

ブログもツイッターも自分のストレス発散としてやっていることでしたが、リアルの世界で、私のネット上のたわごととリアルの私とのすり合わせが行われることが多くなるにつれ、だんだんと逆にストレスになっていました。

 

もうほんとうにこれは、鍵をかけるか、名前を変えるか、アカウントを削除してまたフォロワーゼロから始めるしかないと思いました。

 

けれどアカウント削除は、このへんこのへんに書いたような理由からできませんでした。

なのでツイッターはとりあえず、鍵をかけて名前を変えました。ブログもタイトルと名前を変えました。両方ともアイコンを一時外しました(現在戻しましたが)。

 

で、逆に、仕事として、公の自分の発言としてツイッターやブログをやるならどうなるか?と考えてみたのですが、まあ内容のない告知ばかりのビジネスアカウントになることが目に見えています。そうなると、あまり現時点ではやる意義を感じないんですよね……(現在拙著に関しては、拙著アカウントがツイッターfacebookに開設され、そこにペンネームで私も呟いています。ペンネームで私がなにか書き込むのは現在そこだけです)。

 

なので、とりあえず、「仕事用の名前とはあくまでも別の存在」としてツイッターとブログを継続していこうかと考えます。もしこれでなにか問題あればまた対処しようと思います。

 

今回のごたごたについて、前2エントリで書いたのは、年末年始にアカウント閉鎖したりなんやかんやの時、心配してくださったり励ましてくださったり応援してくださったりした方々に、「なぜこういうことをしていたか」を簡単にご報告したかったからで、某メディアの方への文句を公開したいためではありません。

たくさんメッセージやリプライいただきました。全部、支えになりました。ありがとうございました。

 

 

↓直近3エントリのタイトルはこのアルバム収録の『7seconds』の歌詞から