ファンディングありがとうございました、結果発表 Crowdfunding Results!

 2018年9月、Gorilla Bunnies というサークル名で自身のヒステレクトミー(子/ 宮の摘出手術)経験を描いた同人誌を製作するためのクラウドファンディングを実施しました。最終的にいくらご支援が集まったかをこの記事で発表できることがとても嬉しいです。

My name is Aya Yamato and I’m a part of a group named Gorilla Bunnies. In September 2018, we asked everyone to help us out through crowd funding to create a self-published book. This book is based on my own hysterectomy experience. In this entry, I am happy to announce how much support we ultimately received.

最終的に集まった支援額

 最終的に97,401円のご支援を賜りました!これは私たちにとって大きな誇りです。

I am proud to announce we have received a total of 97,401 yen!

 涙が出ます。募金くださった方々の中には、ご自身の生活や仕事が不安定だったり、病気治療中の方も沢山いらっしゃいました。そうでなくても世界中が先行き不透明な時代です。私自身、毎月やりくりで大変な日々なので生活費を削って募金することがどれほど大変で覚悟が必要なことであるか、痛いほど分かります。ご支援くださった皆さんへの感謝の気持ちは言葉に尽くせません。

This really brings tears to my eyes. Among the people who contributed, there were many who were having a hard time in their own lives/ work situation, or undergoing disease treatment. Considering everything happening in this world today, the future is uncertain for everyone. Since I myself have a tough time surviving and making ends meet each month, I understand how hard it is to donate money; it requires cutting down on living expenses from your hard-earned money. I can not thank you enough for your noble actions. Words cannot express my gratitude for all your support.


 これで同人誌の作成と1000円以上の支援をくださった方へのお返しが可能になりました!ただ、申し訳ないのですが、最近私の体調が不安定なので、お返しの送付までに少々時間をいただく可能性が出てきました。けれど必ず送りますのでお待ちくださいね!

 同人誌は11月25日開催の「第二十七回文学フリマ東京」 https://bunfree.net/event/tokyo27/ で頒布します。どうぞよろしくおねがいいたします。

The fundraising result will enable us to print our book and send a small token of thanks to those who gave more than 1,000 yen! However there is one thing I need to tell you; my physical condition is unstable lately. There is possibility that we must ask for a bit of time before the tokens reach you. Don’t worry, I am determined to send them out. We appreciate your patience!

The book will be sold at the “27th Literary Flea Market Tokyo" on November 25th (https://bunfree.net/event/tokyo27/). I love you, love you, love you, and thank you for reading all of this entry!

f:id:haguki_lovey:20180814190254j:plain

Womb is a woman? Man? Fundraise Ends in 2 more hours!!!

 

An Anthropomorphized Uterus: Man or Woman?

 The book we're trying to self-publish "Until the Penis Reaches the Uterus" is narrated by the uterus. Yes, you heard right! The uterus itself talks in first person about endometriosis and hysterectomy.

 By the way, do you image the womb as a man or woman?

 The uterus in or book is neither a man nor a woman, but it talks in a hard-boiled manner. I image the uterus drinking bourbon quietly by himself in a classic-style bar. Kinda like Humphrey Bogart in "Casablanca."

 

How Does the Uterus Feel before Being Removed?

 When I finally got an appointment for Hysterectomy after a loooong hopital search I was elated. However, I realized it must be awful for the uterus.

 So I tried talking to it.

"Hey, do you hate me for leaving you? Are you mad at me? Do you hate the fact you're being removed?"

 

 But ofcourse, I didn't hear anything back. As author Nahoko Uehashi says, we can't know what's going inside our own body.

 So I just imagined having a conversation with the uterus. Here is what came to me.

 

≪Scene: Uterus and I are sitting side by side at a luxurious bar counter. The uterus is sipping bourbon, wearing a hat. I am drinking warm herbal tea. ≫

 

"Hey do you hate me for leaving you? Are you mad at me? Do you hate the fact you're being removed?"

 

"Huh? No way!  In fact, why didn't you get rid of me sooner? I hurt you all the time, there was so much bleeding, making you always anemic. I ruined your life, work, hobbies and relationhips. Do you know how frustrating it is, just watching you take in all of that!?  We internal organs are the happiest helping you, the host, to live a rich fulfilling life! To just exist and not have a life, that was the last thing I want to see from you. If your quality of life is going to improve by losing me, that would be more than pleasure for me!"

 

"But uterus, you're dying, are not you scared?"

 

"Haha, kiddo, you make me laugh... That's just humans' narrow way of thinking. Us internal organs and cells are individual and one at the same time. My present form is as is because it was temporarily put together as "uterus." If I stop functioning, it is not "death," it's just a change in state of being. Even if it seems like I'm gone, I will always be with you. "

 

Fundraise Ends in 2 more hours!

 Please please help us out in funding our book. In it, you get to read more of Uterus's words of wisdom (sometimes shallow)!

 

Support from polca →

https://polca.jp/projects/HKWssYLnEdZ

Support from Amazon→ 

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3OW3IUPDSJWVE/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

 For contributions of 1000yen or more, you will recieve a cute pin badge in return

FINAL CHANCE to contribute!🙌🙌🙌

 

 Thank you in advance for your help💓✨

 Love, Aya😍💜💜

Uterus is "Filthy?" Fundraising Ends TODAY ♪

 

Japanese version:

http://haguki-lovey.hatenablog.com/entry/2018/09/29/221119


 I read the "The Deer King (Nakahashi Noriko)."  It is a super good read highly recommended, a MUST read if you have a medical condition.There are three themes to this bookaccording to the author:

"One can not know what is happening inside their own body"
"Inside the human body, viruses, bacteria and others elements correct and fight with each other day by day"
"This phenomenon is similar to how society functions"
 

The Deer King Synopsis

www.amazon.com

 It is a story where cultural anthropology, politics, aristocracy, warriors, female assassinator, spy group and general people are intertwined. Plus there are action scenes and forbidden love story involved. On TOP of that the book covers the theme "What is disease?" "What is life?"

 The book is so intricate, I'm gonna  explain only one part of the book:

 Story takes place in a land recently occupied by Zol Empire. People of Zol do not drink animal milk or inject vaccines or medicine because they believe it is "穢れ(a Japanese concept where the soul becomes impure)". Zols also believe that one becomes sick become his/her actions were "filthy" and the body has lost its purity.

 When the Zol empire prince catches a deadly disease called "black wolf fever," he actually sacrifices his life by refusing medicinde by injection saying, "I'd rather die than lose my purity."

Female Disease = Filthiness?

 When I read this part, I recalled the time when I informed my family about my endometriosis. Here are some of the things they told me:

"What sort of filthy things did you do to get this condition( in reality, a more vulgar expression was used)?"
"Don't leave the house, don't go to the Doctor's because our family will be shamed."
"Do not get any testing done."
"Do not take medicine."

 At this time, I had no clue what they were saying and got confused.

 Endometriosis is an autoimmune and hormonal disease. Sickness is caused because  immunes attack its own body, which it shouldn't do. So it's due to the body's control system having a glitch. It is not a disease caused by viruse or bacteria. Endometriosis is NOT STD! That is why there is no cure for endometriosis currently.

Japanese Belief: "Filth" Contaminates the Entire Family

 However, upon reading this book I finally came to the realization that my family's words are from their belief that illness is caused by ones "filthy actions," and  medical examination and medicine causes "impurity in the body." 

 Especially in Japan, the indigenous belief that associates women with impurity is still  prevailent. Long ago, women were isolated from their community and confined to a hut during menstruation since she was deemed "filthy." Even today women are not allowed on Sumo rings; words such as menstruation or uterus are considered "obscene, "as I experienced.

 My family is still slave to that ancient faith. Me, a woman (filthy by nature according to them), to have a condition associated with menstruation, considered the PINNACLE of filthiness was just NOT ACCEPTABLE. My family went bezerk when I told them I have endo, cuz in Japan one family member's "filth" is believed to contaminate the entire family. This belief live to this day; it is considered a social faux pas to send New Year 's cards to people whose relatives have died the past year.

 Now I understand what they were really saying to me was "No way, You DO NOT have a uterus condition because if you do, that make US filthy!"

 

Is YOUR Uterus "Filthy?"

 So in Japan the Uterus itself is often times seen as a "filthy" organ, but I don't believe so! How about your Uterus? Is it filthy? Ofcourse not! The Uterus is a good organ; and I'm not saying this because it allows women to carry children. 

Contribution Deadline TODAY!!

 The book we're trying to self-publish, "Until the Penis Reaches the Uterus" is narrated by the Uterus itself. Yes, you get to read the Uterus itself how it feels to be a Uterus with endometriosis and to get hysterectomy.

 

 

Fundraise Deadline TONIGHT!

f:id:haguki_lovey:20180930180716j:plain

68,400yen in donations, thankyou thankyou thankyou 💖

  Thanks to you all, we've got this much donation so far! I am so so so greatful!💎💎💎
You still have tonight to donate; I'd really appreciate it if you could help us out.

 

 I appreciate all your support from the bottom of my heart💖, I love you, I love you, I love you😍✨✨

 

子宮は女? 男? ご支援 本日ファイナルです!!

 

擬人化するなら子宮は女?男?

 今同人誌化しようとしている『子宮にちんぽが届くまで(以下しきゅちん)』は、子宮に語り部になってもらっています。ええ、聞き間違いじゃありません。子宮が子宮内膜症、そして子宮摘出について語るという内容なのです。

 ところで子宮って、あなたが擬人化するとしたら女と男、どっちにします?

 しきゅちんでの子宮は、男でも女でもないんですけど語り口はハードボイルド調です。私の中の子宮のイメージははオールドスタイルバーで一人、静かにバーボンを飲んでます。それがサマになる。あと、中折れハットが似合う。

f:id:haguki_lovey:20171114132822j:plain

蝶ネクタイでおめかし💖子宮さん

 

摘出される子宮の気持ちとは 

 なぜこんなイメージをもつようになったかといいますと、長い病院ジプシー期間の末にようやく摘出手術がきまったワタクシは浮かれていました。ですがハッと気づいたんです。

「私は嬉しいけど、摘出される子宮にしたらたまったもんじゃないのでは?」

 

 そこで下腹部に問いかけました。

「ねえ子宮、あんたのこと捨てる私のこと恨んでる?怒ってる?摘出されるの、ヤダ?」

 

 しかし答えが返ってくるはずもなく。このエントリにも書きましたが上橋菜穂子さんがおっしゃる通り、私たちには、自分の体の中のことはわからないのです。

 

 仕方ないので私は子宮の気持ちになって考えてみました。そうしたらこんな声が聞こえてきたのです。

 

≪場面:豪華な一枚板のバーカウンタに並んで座る私と子宮。子宮は中折れハットをかぶりバーボンをちびちびやっている。私はあったかいハーブティーを飲んでいる。≫

 

「ねえ子宮、あんたのこと捨てる私のこと恨んでる?怒ってる?摘出されるの、ヤダ?」

 

「はァ?むしろ手術すんの、おせーよ!なんでもっと早く俺を摘出しなかった?ずっと痛かっただろ。血もいっぱい出ていつも貧血だったろ。仕事や趣味や人間関係にも支障が出てた。それを俺はずっと歯ぎしりしながら見てたんだぜ。俺たち内臓は、宿主であるお前が活き活きと天命を全うしてくれることが一番うれしいんだよ!生きた屍になってゆくお前なんか見たくねえ。俺がいなくなることでお前の生活の質が上がるんならそれ以上の喜びはねえよ

 

「でも子宮、死んじゃうんだよ?怖くないの?」

 

「ははっ、お嬢ちゃん。そりゃあ、ちっぽけな人間の視野の狭~い考え方だな。俺たち内臓や細胞は個にして全、全にして個。俺たちには『死』なんか存在しねえ。俺の今のカタチがあるのは、ばらばらだったものが一時的に『子宮』という形としてまとまってる、それだけのこったからな。俺が機能停止してもそれは『死』じゃあない、単なる状態の変化だ。俺はいなくなったように見えても、今後もお前と共にあるさ。」

 

製作費ご支援 本日ファイナルです!!

 ほかにも子宮が深いんだか浅いんだかよくわからない人生哲学をおおいに語る『子宮にちんぽが届くまで』、ぜひ制作実現のためのご支援お願いいたします。

 

polca からのご支援→ 失職女子を文学フリマに連れてって! 同人誌制作費を募ります。 - polca(ポルカ)

Amazonからのご支援https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3OW3IUPDSJWVE/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

 募集は9月末で締めきります。つまり今日が最終日!千秋楽!THE FINALでございます!ご協力のほどぜひ宜しくお願い致します💖✨

女性科疾患は穢れ? ご支援期間あと2日♪

『鹿の王(上橋菜穂子』の3つのテーマ

 『鹿の王(上橋菜穂子』を読みました。持病がある人は読むといいの本だと思います。あとがきによると本書のテーマはこの3つだそうです。

  • 「人は自分の体の内側で何が起きているのかを知ることができない」
  • 「人の身体は細菌やらウィルスやらが、日々矯正したり葛藤したりしている場でもある」
  • 「それって社会にも似ているなぁ」

 

『鹿の王』あらすじ

 文化人類学やいろんな国の政治やそこに暮らす貴族、武人、闇の暗殺・スパイ集団、そして一般の人々などが複雑に入り組み、アクションあり禁断の恋あり。そこに加えて「病とは?」「命とは?」というテーマまで盛り込まれておりとても、とても面白い本なのですが、そこはあえて説明せず一部分だけ説明します:

 ツォル帝国に占領されている土地が舞台。ツォル帝国の人たちは獣の乳を飲むこと、ワクチンや薬を注射で体に入れることを「体が穢れる」として忌み嫌っています。もともと病気とは体に邪悪なものが入ったことが発生の原因と考えるツォルの人々は病は自分が穢れているからなるもの、という考えです。ツォル帝国の皇太子は黒狼熱という伝染病にかかった際にでも、薬を注射すれば助かるのに「注射で体を汚すくらいなら死んだほうがましだ」と実際に命を落とします。

 

女性科疾患=穢れ?

 私はこの箇所を読んだときに自身も家族の者に子宮内膜症の件を

「自分の行いのせいで病気になった(←という意味のことをもっと下世話な表現で言われた)」「女性化に通うなんて恥だから家から出るな」「検査なんかしてはいかん」「薬なんか飲んではいかん」と言われ仰天した経験があります。

 このときは、彼らの論理性のない主張についていけず、ただ混乱するばかりでした。

 子宮内膜症は自己免疫疾患とホルモンの病気です。自分の免疫が狂って自分を攻撃するのですから、もはや体の管制塔がどこか、なんでかわからないけれどバグを起こしているから起こるわけで、性病のようにウイルスや細菌で起こる病気ではありません。子宮内膜症が一生治らないのは、そのせいです。

 

一人の穢れが「家」全体を穢れさせるという信仰

 しかし、私の家族がもし、病気は本人の「穢れ」のせいで起こると考えているなら。そして検査や薬、医療そのものを「体を穢れさせるもの」という考えの持ち主だとしたら。ああいう言動になってしまうのかなあ、とようやく思うに至ったわけです。

 特に女性を穢れと結びつける土着信仰は、今も日本で綿々と受け継がれています。昔、女性は生理中は穢れているとされて小屋に隔離されたそうですが、未だに女性は土俵に上がるなとか、生理や子宮という言葉だけでもわいせつとみなされたりします。

 私の家族がそういう思考回路ならば、もともと穢れている女性がさらなる穢れである病を持ち、中でも穢ご支援締め切りあと2日!

 さて我々が自費出版しようとれオブ穢れである生理に関わる病にかかっているなんて……そんなの認めない!だって俺たちまで穢れてしまうじゃないか!となるでしょうね。

 なぜなら日本の土着信仰では、家族一人の「穢れ」は「家」全体を穢れさせる、とされているからです。今でも親族が亡くなった人には年賀状を送らないのもその名残だったりします。

 

ご支援締め切りあと2日

 さて、我々が自費している『子宮にちんぽが届くまで』ですが、子宮が語り部となって子宮内膜症に翻弄される夢子ちゃんの子宮摘出までを描いた物語です。

 女性のみなさん、この国では「穢れ」とされてる子宮ですが、あなたの子宮はどうですか?私はそんな風には思いません。子宮は、いいやつですよ。決して子を宿すからとか、そんなほんわかした理由からじゃなく。

 と、まあ、そういうことを書きたかった『子宮にちんぽが届くまで』です!制作実現のためのご支援をぜひ、お願いいたします。

 

 皆さまのお蔭でご支援額こんなになりました!ありがとうございます!

f:id:haguki_lovey:20180929214732j:plain

 

 ご支援募集は9月末で終わります。あと2日です。

 

ぜひご協力のほど宜しくお願い致します。

How I Got Gay-Bashed Trying to Get a Hotel Room

Japanese version: http://haguki-lovey.hatenablog.com/entry/2018/09/27/141555

 

 

 I am currently making a self-published book under the group name "Gorilla Bunnies" (in honor of Guerrilla Girls), but in the process I got gay-bashed the other day.

 This entry describes the event.

Two ladies are refused entry at a Love Hotel

f:id:haguki_lovey:20180814154832j:plain

 I went to a place called "love hotel" in Japan which rents out room by the hour with my editor Ms. M to shoot the cover of our book "Until the penis arrives at the uterus" (yes you heard right, that's the title).

 In such a hotel there is a panel which shows pictures of the interior of each room. However, the most worrisome thing for me was the price; not the interior. Production costs occur in unexpected and places when you try to make things. Yes, like paying for a Love Hotel room for a shoot.

"Which room should we get?"

"The cheapest one!"

 As Ms.M and I were conferring upon which room to use, a sharp voice came flying from the reception counter that seemed unattended.

"Two women aren't allowed to use our rooms!!"

 The receptionist said this in a scolding tone as though we were shoplifting or something.

 

First feeling that sprang up: "that's not fair!!"

 The first thing that came to my mind was "that's unfair!." There was a black mirror covering the reception desk. I can not see who is criticizing me but THEY get to see me. I thought the asymmetry of information was unfair.

 I am not criticizing that the employees are hidden. Probably a necessary gimic to protect employees.

 

Operation based on discrimination

 Then I thought, "We're gonna pay money properly and have not done anything bad so far nor in the future, why will you not let us in?"

 I seriously don't understand the logic behind refusing entry of 2 women who will will pay and also will use the room nicely.

 For example, let's say that I threatened a male with a knife on the roadside and brought him with me to the hotel. The hotel side will have no problem accepting me and the guy as guests! This can not be understood logically.

 No matter how much money you pay, we will not accept you as a customer and will not let you use this facility. The reason is clear, its because they thought we must be lesbians.

 This is the same as saying that someone can not use a facility because of color of the skin, where the birthplace is, or so on.

 In short, the business is operated with just discriminatory feelings without logical reasoning. So lame.

 

Goodbye, Orange

 By discriminating by emotion, by deciding people as "strange" by appearance, who's gonna be happy? No one looked happy in that hotel lobby, at least. I suffered mental damage in this case but I more than that, I was embarrassed. "I am sorry this country is like hits."

 The media keeps saying the Japanese will wow the world with out "OMOTENASHI (hospitality) at the 2020 Olympics.

 I don't believe it, all they ever talk about is superficial hospitality.

 I think true hospitality is consciously educating ourselves and striving to eliminate irrational discrimination and accepting customers as who they are.

 There's no way Japanese business will be able to provide for foreign guests something they can not provide for people from their own country.

 

Two days to deadline for Contributions

We're having a fundraise for production of this book until the end of this month!

■for people with Japanese credit cards : polca

https://polca.jp/projects/HKWssYLnEdZ

■for peoplle with Japanese/ American credit cards: Amazon wish list 

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3OW3IUPDSJWVE?&sort=default

The amount of money you support is NOT for my living expenses. I will pass it all to production costs.

 

thanks for reading to the end!
Love, aya

同性愛差別にあったハナシ& ご支援受付締め切迫る! あと3日

 

  私は今Gorilla Bunniesというサークル名で同人誌を作っているのですが、その過程で先日、同性愛差別にあいました。

 

 このエントリではその出来事について書きます。

 

女性2人お断り! なラブホ

 

 今がんばって作っている『子宮にちんぽが届くまで』の表紙撮影のため、編集Mさまと時間制でお部屋を貸してくれる、通称ラブホテルという場所に行きました。

 

 こういうホテルには各部屋の内装を写真に撮った一覧パネルが置いてあります。しかし、わたしにとって一番気がかりなのは内装よりもお値段でした。ものづくりというのは意外なところで製作費が発生します。そう、表紙撮影のためのラブホ代のようなところに。

 

f:id:haguki_lovey:20180814154832j:plain

 

「どの部屋にします?」

「一番安いとこで!」

 

 パネルを前に協議する我々に、無人に見えた受付カウンターから鋭い一声が飛んできました。

「女性2人の使用はできませんよ!!」

 

 叱責するような、咎めるようなトーンでした。

 

まず湧き上がる「ズルい」という思い

 

 その瞬間沸き上がったのは「ずるい」という思いでした。受付カウンターにはブラックミラーが仕込んであります。こちらからは誰が言っているのか見えないのにあちらからはこちらの姿は丸見え、という情報の非対称性。あちらは安全圏からこちらをいくらでも断罪し放題なのです。

 

 私は従業員の姿がみえないことを批判しているのではありません。これは通常ラブホテルの従業員を守るために機能するためのものとして必要なものなのでしょう。

 

 ただ、自然な感情の流れとしてそう思った、というだけのことです。

 

差別感情で運営されるビジネス

 

 次に思ったのは、「わたしたち、ちゃんとお金も払うし、これまでなにも悪いことしてないし、部屋でも悪さしないのに、どうして入れてもらえないんだろう?」ということでした。

 

 支払いもするし部屋も綺麗に使うであろう客を門前払いする。その理由が「女性2人だから」という部分がどうしても論理的に理解できません。

 

 もしわたしが、道端でどこぞの男性をナイフで脅し、ホテルに連れ込んだとしましょう。ホテル側は問題ナシ! とみなして客として受け入れてくれるのです。「男と女の組み合わせだから」という理由だけで。これも論理的に理解できません。

 

 いくらお金を払おうがあなたはお客として認めないし、この施設を利用させません。だってあなたは同性愛者にちがいないから。

 

 これは、あなたは肌の色が黒いから、とか、出身地がどこそこだから、などの理由でこの施設を利用できません、とするのと同じです。

 

 要するに、論理的な理由などない、ただの差別感情でビジネスが運営されているのです。愚かなことだと思います。

 

さようなら、オレンジ岩城けい)』

 

 このあいだ読んだ本の中に印象的な一説があったので引用します。

 

  イタンジと呼ばれて逃げ出すには若すぎる、やってみたいことがいっぱいあるくせに。……あたりまえをあんなに欲しがっていたのに、ちっとも幸せそうに見えないじゃないか。自分がもともと持っていたものをあきらめて、ごまかして、黙り込んで。

 イタンジ、なんて言いがかりをあたしは認めない。あたしは違う、あたしだけはあきらめない。……あんたたちがあきらめてしまっても、あたしだけはあきらめない。あたりまえのことばかりをやらされてこの土地の人間らしく矯正されても、このあたしの心までひん曲げることなんかできない。

さようなら、オレンジ岩城けい)』pp.92-93より

 

 

 

 人のことを外見で「異端児イタンジ」と決め付けて、感情で差別して、一体、誰が幸せになるというのでしょう。わたしはこの件で精神的ダメージを受けましたがそれ以上に恥ずかしいと思いました。「こんな国でごめんなさい」と。

 2020のオリンピックで日本のOMOTENASHIを☆

さかんに喧伝されているけれど、ちゃんちゃらおかしいですね。どうせ表面的なもてなしのことしか考えてないんだから。

 

 ほんとうのおもてなしとは、こういう理不尽な差別をなくすよう意識的に努力してお客さんを受け入れることじゃないでしょうか。同国人に対してできないことを海外の人に対してできるわけがない。そう思いました。

 

ご支援受付締め切りまであと3日

 この同人誌の製作費のご支援、今月いっぱいまで受け付けております。どうぞよろしくおねがいいたします。

https://polca.jp/projects/HKWssYLnEdZ

 

 ポルカでうまく入金できない方のためにアマゾンウィッシュリストも公開しました。

ご支援いただいた金額は、わたしの生活費にはなりません。すべて製作費に回します。

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3OW3IUPDSJWVE

 

f:id:haguki_lovey:20180814163700j:plain

Sneak Preview: 入れてもらえたべつのホテルで撮った写真だYO!

 

 

追記:体調わるい

 急に寒くなって体調が激烈に悪くなりました。ずっとカイロとホットマットを下腹部とお尻にあてていないと全身が痛くなるし、ちょっと動くにも体がだるいです。

 子宮を取ってだいぶよくはなったけど、お腹の中には病変がまだ残っていて、気温の変化などで痛んだりするので難儀です。

 文句言ってるわけではありませんけどね。手術前はこれが毎日だった。それにくらべれば、全然今のほうが楽なので。

  そして、明日は胃カメラに行ってきます。怖いよ~。