大和彩_ブログ

鬱 貧乏 筋トレ フィットネス ボディメイク ダイエット

毒母と結納「金」

毒母についてブログに書いたせいで、芋づる式にいろいろ思い出して、よろしくない。

 

「結納と毒母」がこの記事のテーマである。

 

私が子供の頃より、母は、ことあるごとに、
「ハクジンの男とケッコンしろ」と私に命じてきた。

ハクジンの男なら家事を手伝ってくれるし、優しい。

というのが彼女の持論であった。

 

 


ハクジンて、なんだよ。
しらねぇよ。
甚だしい人種差別だし、浅はかで短略的な発言だ、と思う。

 

 

私なら、もし自分に娘がいたら、人種で結婚しろ、なんて絶対言わないな。
と心の中で思いながら、「ふ~ん」と軽蔑を込めて受け流してきた。

 

 

ある日、そんな母が、やぶから棒に私に言った。
「あんたがケッコンするときは、結納金は、ちゃんともらうからね!!」
鬼のような形相だった。

 

私は聞いた。

「ハクジンとケッコンしたら、結納なんてシステム、ないよ。どうすんの?」

すると母は、怒鳴った。
「例えハクジンが相手でも、ちゃんとお金くれ、って私が言う!!」

彼女の目は血走り、口からは唾が飛んでいた。

 

 

ちなみに、私は過去も現在も、ケッコンの予定があったことは、一度もない。

 

 

 

母は、私の結納金を、自分の懐に入れようとしている。
もらう予定すらない、結納「金」を……。
結納「式」すら行う予定もないのに……。

母らしい発想だと思った。

 

 

ケッコンの予定すらない私になぜ、母は突然、結納金の話をしてきたのだろうか。

 

 

 

「お金に執着しているから」以外、思いつく説明は、ない。

 

 

毒母の行動には、合理的な説明が不可能、と前のエントリーで書いたのは、こういう訳です。

 

自分の状況に一番よく似ているかなー、と思う、発言小町
ちなみにトピ主さんの母親が関西出身ということで、
「関西人ってやっぱりがめつい」VS「関西とかかんけーない(怒)」騒動が勃発していて、私は可笑しく思った。
なぜなら私の母親も関西出身なのです。

結納金は返さず、婚約者では無く親が使うのはどう思いますか : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)