大和彩_ブログ

鬱 貧乏 筋トレ フィットネス ボディメイク ダイエット

毒母とカモ

散歩に出かけようと思い玄関にいた私のところへ、母がニコニコと近づいてきて、耳元で、こう囁いた。
「この家族で、お父さんも、お母さんも、弟くんも、みーんな普通なのに。
 歯グキちゃんだけ、性格が歪んでる。
 心が腐ってるのは、あんただけなのよ。」

 

母は、ニヤニヤと笑い、とっておきの秘密を教えてあげたのよ、とでも言いたげだった。

 

なぜ唐突にそんなこと言われたのか、よく分からないまま、家をでた。

 

私は嫌なことがあると、意識を解離させる癖がある。
その時も、意識が解離した状態で、気がつくと、川べりにいた。

 

真冬の川は、どんよりとしていて、いかにも冷たそうだった。
テトラポッドにぼちゃぼちゃとあたる水の音を聞きながら、考えた。

 

そうか。私は、性格が、腐ってて、心が、えっと、なんだっけ……?

思い当たるふしならいくらでもあった。

確かに、私の性格は腐っている。
お父さんのことも、お母さんのことも、好きになれない。
なんなら、嫌っている。

けれど、それは私の秘密だった。
誰にも言ったことなかったし、文章にもしたことがなかった。

 

だって、私は父親の稼いだ金で、学校に通って、生活している。
私の生命は、父親の金によって、維持されている。
そんな状態なのに、両親のことが嫌いだなんて思う自分が、許せなかった。

 

だから、私は「両親が嫌い」という感情を、箱にいれて鍵をかけ、心の奥底に沈めた。

けれどその箱は性能が悪くて、中に入った毒素がもれてくるから、
私の目つきや態度にも、「あんたたちが嫌い」という感情がもれているに違いない。

 

だったら、もう死んだほうがいいよ。
目の前にある川に飛び込んじゃえばいい。

 

「いっせーのー……」
と、飛び込む用意をした時だった。

 

 

「グワッグワッグワッ!(お、にんげんだにんげんだ!)」
「グワーッグワグワ(えさくれよ、えさえさ!)」
「グッグッグッグワッ(なーなー、えさは?えさ?)」

 

 

タイミング悪く、カモが数羽、ぽちゃぽちゃと近づき、しきりにエサを要求するのであった。
手ぶらだったので、残念ながら、私は、カモたちの期待には応えられなかった。

 

飛び込みたかったけど、ざぶーんと行ったところに

「グワーッ!(ぎゃーっ、なんだこいつ!)」
「ギェ!バサバサ(と、飛び込みやがったー!!」
「バタバタバタ!(やべーよ、どーすんだよ!)」

と、カモたちに迷惑かけそうだったので、入水自殺は取りやめた。

 

 

翌日、生家から盗み出したパンを持って川に再び行ったのに、もうそこには、カモたちはいなかったのであった。