就労継続支援B型に行ってみたレポ1 実はよくわかっていない!! 発達障害発覚からの体験利用

生活保護」と同じく、「就労継続支援」なる制度の存在自体しらなかった私がこの度「就労継続支援就労継続支援B型事業所」の体験利用に行ってきました。そのレポを書かせてください。

 

実はよくわかっていない

懐かしい痛みだわ。

 

『失職女子。』生活保護を申請したときと同じです、この迷子なかんじ。

 

「就労継続支援ってナニ? は、B型? いきなりアルファベットとはメンヨウな。」混乱しながら、先日初めてさる事業所の門をたたきました。

 

就労継続支援 - Wikipedia

 

要は昔で言うところの授産施設のようなところなんじゃないかな、たぶん。

 

説明会

説明会へ。アポの時間に少し遅れていたので先方に連絡を入れ、念のためグーグルマップを確認。見事に正反対の方向にどんどん歩いている私が表示されました。

 

ここで解説します。実は私、いい歳こいて恐縮なんですが「発達障害」だということが先日わかりまして。ASDADHD両方あるらしいのですが、「方向音痴」もその症状にあるようです。

 

酷すぎる方向音痴には日常レベルで困っていて、密かに病気なんじゃないかとずっと思っていたのですが、あにはからんや、実際そうだったわけです。

 

グーグルマップのおかげで辿り着いた事業所の長(オサ)が説明してくれた内容を私なりに理解したところによると

  • 通いたい人はまず5日の体験利用をクリアしないといけない
  • 本通所になれば一日200円の賃金発生
  • なんか普通の会社に通う感覚でいる必要がある
  • 365日、土日祝日以外は出勤(通所)

とのこと。

「えっ……会社とかだと有給、とかありますが、それは……?」

震える声で尋ねると、通院やらなんやかんやあるなら連絡さえ入れれば休んでよいとのことでした。それはよかった。

 

ですが

(ここに通ったら、今後は3カ月のバリ旅行には今後行けなくなるんだな……)

少し寂しい気持ちになりました。しかしよく考えたら3カ月バリに行ったことも、行く予定もなく、なんなら一泊の旅行にすら何十年も行っていない。杞憂だった。

 

体験利用させてもらうことにしました。